« 酒日記322-稲毛屋さんで鰻&地酒 | トップページ | 酒日記323-瀧嵐の続き »

2006.09.19

酒日記323-瀧嵐

i-station高知さん(リンクはblog)のプレゼント企画に応募した結果、

特撰 吟醸生 瀧嵐(高知 高知酒造)
金撰 本醸造生 瀧嵐(高知 高知酒造)

が送られてきました。
由紀の酒さんにあった書込でこの企画を知りましたが、
瀧嵐という銘柄は初めて飲みます。
高知というと土佐鶴、司牡丹、酔鯨、南、久礼あたりの印象がありますが、
どのような味なのか今から楽しみです。
今日の夜にでも飲んでみたいと思います。

|

« 酒日記322-稲毛屋さんで鰻&地酒 | トップページ | 酒日記323-瀧嵐の続き »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒日記323-瀧嵐:

» 瀧嵐「吟醸」生酒 [日本酒ブログ(由紀の酒)]
 昨晩は高知県の高知酒造さんが醸す、瀧嵐「吟醸」生酒をいただきました。このお酒は、「瀧嵐生酒プレゼント企画」で頂いたものです。感謝♪  上立ち香は華やかでメロン、マスカットを連想させてくれます。後半はバニラ。含むと一瞬の鮮烈なフレッシュさの後、落ち着きのある僅かな甘味を感じさせてくれます。甘味の度合いは違うが、ちょうどカキ氷のようにひやっとした後、じゅわっと融けて甘味を感じるかのよう。引き際に上顎の両サイドでまた、じんわり生酒らしさを演出してきます。旨いっす。はらたいらさんに全部! ←謎は高... [続きを読む]

受信: 2006.09.22 06:51

« 酒日記322-稲毛屋さんで鰻&地酒 | トップページ | 酒日記323-瀧嵐の続き »