« 酒日記その221- 門門 | トップページ | 酒日記その223- 神田「きゃら」 »

2006.02.08

酒日記その222-群馬泉

燗酒おやぢの隠れ処さんで初めて知りました。
常飲するお酒の一つである群馬泉を造る島岡酒造さんの倉庫が全焼してしまったみたいです。

蔵の方は大変でしょうが復興されることを願うばかりです。

|

« 酒日記その221- 門門 | トップページ | 酒日記その223- 神田「きゃら」 »

コメント

はじめまして、ですよね? 燗酒おやぢです。トラックバックありがとうございます。
被害は、蒸米以降の仕込みに関わる部分すべてでした。(T^T)
拙blogでまたご報告いたします。

投稿: 燗酒おやぢ | 2006.02.09 08:37

> 燗酒おやぢさん
初めまして。燗酒おやぢさんのblogで島岡酒造さんの火災を知り、大変驚いています。
昨日いつも群馬泉を買う酒屋でお話を伺ったのですが、
家付き酵母が1月に群馬試験場へ納められており、
そこで培養されているものは生き延びたようですね。

時間はかかるでしょうが、美味しく飲める群馬泉が無くならないよう何とか頑張ってほしいです。

投稿: | 2006.02.10 00:11

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒日記その222-群馬泉:

» がんばれ、群馬泉 [燗酒おやぢの隠れ処]
去る2月5日(日)、不運にも火災に見舞われた島岡酒造を訪ねてきました。ご覧のように外壁は残っていますが、仕込蔵、貯酒庫、その2階にあった麹室、槽場、酒母室、と明治・大正から『群馬泉』を生み出してきた蔵の屋根...... [続きを読む]

受信: 2006.02.11 14:01

« 酒日記その221- 門門 | トップページ | 酒日記その223- 神田「きゃら」 »