« 酒日記その220- 杉勇 しぼりたて | トップページ | 酒日記その222-群馬泉 »

2006.02.06

酒日記その221- 門門

いつも行く焼鳥屋門門で初めて丹沢山を飲みました。
前に高砂を購入した酒屋さんに頼んで、ピックアップしてもらったとのこと。
また伊東までドライブしたのかな。

丹沢山 純米しぼりたて生若水55%

初めの一口だけ冷やで、残りはぬる燗で頂きました。
細かく香りを覚えていませんが、フルーティーな香りが鼻を擽ります。
味も若く新鮮。突出したものはないけど、安心して飲めるタイプの生酒です。
ぬる燗にするとちょっと没個性的な味になってしまうかも。
家だったら更に熱くしてみたり色々試せるのですが、さすがに断念。
この日はバタバタしていて飲むことに集中出来なかったので、
飲み直したら印象が違ってくるかも。。

|

« 酒日記その220- 杉勇 しぼりたて | トップページ | 酒日記その222-群馬泉 »

コメント

丹沢山や隆は若水が得意なのかなぁ、という印象です。
確かに冷たい方が味わえるかもしれないですね~。
丹沢山の若水はまだ飲んだことがないのですが
隆のはとてもバランスが良くて美味しかったです。

投稿: まき子 | 2006.02.08 13:18

>まき子さん
丹沢山もバランスはよいと思います。
ちょっとだけ小さくまとまっている感じもしますけど。
神奈川のお酒としては天青とともにプッシュされていますが、
今の主要購買層が冷酒に重きを置いているので、
冷酒で飲んで合うよう造られているのかもしれませんね。

若水で造られたお酒はお米自体の仕入れが安いのか、
他のものより若干安く提供されているのも吉です^^

投稿: | 2006.02.08 23:28

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒日記その221- 門門:

« 酒日記その220- 杉勇 しぼりたて | トップページ | 酒日記その222-群馬泉 »